おもひでちっく
maomaomyu.exblog.jp

身の回りの出来事や趣味をPENTAXのカメラで写した写真と共にぼちぼち紹介します。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
外部リンク
リンク
お気に入りブログ
記事ランキング
カテゴリ
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
最新のコメント
そうなんです、いつも肉ば..
by maomaomyu-tan at 22:52
肉食系キャンプですねー^..
by だんご班長 at 21:06
うちは僕からみれば短い距..
by maomaomyu-tan at 06:47
だんご班長さん> 次男..
by maomaomyu-tan at 06:19
来年はうちも一年生! ..
by だんご班長 at 22:46
おー!決まってるぅー ..
by だんご班長 at 22:43
だんご班長さん> 食事..
by maomaomyu-tan at 06:39
あけおめ、コトヨロですw..
by だんご班長 at 00:07
そうですね^^ 子供が..
by maomaomyu-tan at 00:45
男の背中には哀愁が出ます..
by だんご班長 at 23:01
ライフログ
タグ
画像一覧
最新の記事
は・ろ・うぃぃぃぃん♪
at 2017-10-31 09:10
か・ん・げ・き♪
at 2017-10-13 11:19
今年のカカシ♪
at 2017-09-28 18:38
海キャンプ♪
at 2017-08-27 18:44
さまぁ~きゃんぷぅ~♪
at 2017-08-01 16:26
検索
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
最新のトラックバック
カテゴリ:ひとりごと~( 42 )
ちたな!2017♪
遅ればせですがオケオメコトヨロ♪

今年は寒波がきて西日本から上は雪がよくふってますね♪

でもでも、長崎は言うほど寒くない!

ただ、僕の代謝が上がっただちぇ?いやナイナイ^^



相変わらずの末端冷え性ですが、しっかりと防寒してるから例年より寒く感じません


SOU!

オノレヲ知った、思い知ったのれす!!
もう、若いつもりで気合では寒さに打ち勝つ事はでちないという事をww

敢えて言おう「運動不足の中年メタボである」と!


そういえば、ニュースで生活保護の職員がジャンパーに「敢えて言おうカスであると」ってガンダムの名言使ってたの思い出した^^

ばかだよね~
英語読めないから解らないくらい思って

まさに「公務員様」のおごりと、生活保護受給者への侮辱ですな


なんだか、生前退位が近い将来あるみたいだし~

「えっおとたんって昭和生まれ!!」
って化石扱いされる日もそう遠くないな^^;

今年もイイ年にすっぞ!♪

[PR]
by maomaomyu-tan | 2017-01-18 10:41 | ひとりごと~ | Trackback | Comments(2)
おもひで~青春♪
書き始めて、ちょっと長くなりそうなのと、すっかり昔の事を思い出してしまい^^;

あれなんで急きょ終了しましゅ♪




おしゅまい
[PR]
by maomaomyu-tan | 2016-09-16 23:24 | ひとりごと~ | Trackback | Comments(0)
おもひでの~1993~せいしゅん♪
さてさて
新しい職場、新しい人間関係~

イロエロあるよね~♪

ここからが本編!

僕のおもひでの中に強烈に残ってる部分でしゅ♪

1993年の
インパクトある歌だったな~



この頃はスタジオあるたとかがある町で働いてたあるYO~

新店舗はビルの~何階か忘れたけど~7か9か13階のどれかだったよーな^^;

前の店は女性は年配ばかりだったけど



今度は




違うっっ!


そう、仕事ばっかりじゃつまらんじゃん♪

今度の店は20代前半~大量に♪


そして、部所は違ったけど同期の奴(A)三上博史に似てる)が関西は京都店から来てて、これがまた、ナンパ師なんですよ♪

んで、関西の神戸から来た先輩(N野氏)もナンパ師でして・・・二人のタッグで、どこからともなく引っ掛けてきて

合コンを主催してくれてました♪

そして
当時はジュリアナが大ブーム♪
扇子持っておねいさんがボディコン着て踊ってるのを観に行ったり~

浅草道頓堀劇場や東京DXといったストリップも、よく観に行ったもんでしゅ♪
東京のストリップはね、綺麗なんですよ、若いってのもあるけど、踊りがね、綺麗なんですっっ!!

今度の店には、他に関西人の同期が二人いて、ノリがいいんです♪

この頃「関西弁っていいなあ~」って思いましたよ^^

「ホンマ、ごっついえらいわぁ~」「~ちゃうん?な・な・な~」とかね^^
京都と関西、関西の中でも違ったりとか方言っておもしろ~いって思ってた♪

だから、僕はすっかり標準語に~(東京弁



その後、職場内には関西弁が広まって、生粋の関東人すらも「なんちゃって関西弁」を操るようになっておりました(笑)「ワレ、何しとん~」「あっかんな~」とかね


ウエイトレスの女子寮に行ってきた~とか言う話をN野氏が自慢するのを聞きながら~
「今度僕も連れてってくださいよ~」と言ってたっけ♪

この頃僕はこの二人の影響を受け、彼女が欲しい~~ってなってた時期でもありました


なので、N野氏の彼女の友人で
容姿はあまりタイプではないが、素朴な大学生女子がいたので、押しに押した事もあった^^;

まあ結局、でずにーで遊んだどまりでしたけどね♪

本当、誰でもいいから~って感じで、がっついてましたね~~遠い目


そして、正月!

そう!

帰郷の時でありゅ♪

これまで、僕は自分の好きな歌手以外の歌手にはまったく興味なしだったので、カラオケで歌える曲は
「尾崎豊」くらいのもんだった

しかし、ナンパ師達と知り合ってから、いろんな歌を知っておくと、カラオケの選曲が増える~
すると、女子受けが良い~って知る♪


ちゅー事で、レンタルで、片っ端から新譜をカセットにダビングして、地元のダチに

「帰ってくるけん、女の子用意しとって~」とお願い♪
今思うと、典型的なお客さんまるだし

OK~の返事に、気をよくして正月を待つ~


たしか、当時は東京ー長崎間はJALで片道5万円くらいしてました

帰郷し、帰ってくるだけで10万円吹き飛びます

しかし、やっぱ田舎の友って付き合い長いから、居心地がいいんですよね。

ただ、音で気付く事になるんだけど、田舎くさいってゆーか、おせっかいの押し売り?独特のものがありますよね、外に出たから解る「違い」みたいなものを感じるよーになりました

そして、今回、帰郷して、いろんな事が・・・


ちゅぢゅく・・・
[PR]
by maomaomyu-tan | 2016-09-10 22:06 | ひとりごと~ | Trackback | Comments(0)
おもひでの~1990~(ぷろろ~ぐっ)♪
  ~~~遠い目~~~~

どこから書いたらいいものか・・・


とりあえず当時モノのBGMでも流しながら読んでくらさい♪


・・・そう
僕は高校を卒業すると就職の為上京したのしゃぁ~~~

子供の頃から何の仕事に就くかは決めていた、父の背中を見て「父のようになりたいっ」と思っていたのである


だからといって
もちろん、父に欠点がない訳ではなかった

家族ですらうんざりするカンシャク持ちだ!


尊敬していたが、怒り出すと手がつけられない・・・

そんな生活に嫌気を感じ、長崎を出て就職ってのは願ったり叶ったりだったのしゃぁ~~♪



4月1日に入社式
全国から夢と希望、野望にみちた奴らが集まった!
料理人の卵達である

当時は今と違って、一年でも先輩の言う事は絶対だった、それが自分より年下でもだ!

まあ、実力の世界なんですぐにそうゆう雰囲気には慣れたが~
毎日が緊張のれんぞくだったな~

先輩に上手に媚びる奴はカワイガラレ~媚び下手な僕は結構苦労しましたよ^^;


自分の事を糞みそ言われるのはなんでもなかったが
父がTELしてきた時

「おとたんをお願いします」ってぞ~と、K畑氏(4年先輩)が馬鹿にしたように真似した時は~
辞める覚悟で「やっつける!」って思ってコブシを握って睨み付けたら、先輩にさらに「火に油」だったなぁ

結局、「辞めたら負けだ」と父に言われてたのを思い出し、握ったコブシをパーにして、先輩に平謝りしたんだった008.gif

まーそんなこんなしながら、毎日を過ごしてました

独身者は基本「寮」なので、僕も寮でした

ただ、休日がコヨミどおりの店だったので、休みは皆一緒!

花見や、プール、飲み会の号令がかかると、まず、断れない


長崎でカラオケっていったら、プレハブで1曲100円みたいなのの時代だったんで、もったいなくてカラオケは1回しか行った事なかった

始めて職場のみんなでカラオケ行ったらまず「下のモンから歌って場を盛り上げ~」です


上から4番くらいの上司。M崎氏が「おいS田(僕の2年先輩)~、入れたから歌ってみて^^」と

なんだかノリのイイ音楽が♪

S田氏「ええ~無理っすよ~歌った事ないっすよ~」

M崎氏「じゃあ、おとたん歌え~」

僕は「無理無理、歌った事ナイッス」と言って断り

M崎氏「イイジャン×2~S田歌ってみ♪」

S田氏がたどたどしく歌う

胸をなでおろす僕、こんな歌初めてきくぢぇ~と思ってました

すると、S田氏の2年くらい先輩のK島氏が言い放った一言!


「おい~おとたん~
S田はおまえの代わりに歌いよるんだろ~S田も知らんのに歌いよんのやから、お前も歌えや!」

「無茶言ってくれんな~」と口には出さず、歌いましたよ
歌というより、読んでるって感じでしたが^^;

それが、今流れてる「バブルガムブラザーズ」でしゅ♪


先輩達とどっか行くのは、休日であっても、仕事みたいなもんで、いやでしたね~

ハッキシいって、先輩の接待に終始するってやつでしたから~
縦の社会バリバリの極道の世界って感じでした

先輩より早く入って、先輩出勤で、「どうぞ~」ってお茶出し~脱いだ靴を下駄箱に~

先輩が帰る時も靴を順番にお出しして~ってしてましたねww^^;


仕事の日も食事は下の者が作って、ご飯の盛る量も先輩方の一人ひとりに聞いて「普通盛り」「大盛り」と、よそってやって~
やっと自分が食えるんでしゅ~

しかも、「先輩が御代わり」言うとジャーからよそうのは下の者なので、必然的にジャーの横で飯食う事に~

さらにね~慌てて食わないと、上の者が(上司)食べ終わったら、食事終了なのれす。
下の者はもう、必死で掻きこんでましたよ^^;

「早食いも仕事のうち」って言われたww


最初は同期が5人いたが~一人は3ヶ月もたずに辞め~

もう一人は2年もたず~


そんな月日が流れ
新店舗がオープンする事に!

オープニングスタッフが関東関西地区の店からかき集められ、僕もその一人に!

新店舗で、他店からきた同期の奴らと働く事に♪

先輩も後輩も皆、個性的かつ、イイ奴ばっかだったので(もちろんヤナ奴もいたけろ)、新店舗ではかなり楽しく日々を~


ちゅぢゅく~
[PR]
by maomaomyu-tan | 2016-09-10 05:24 | ひとりごと~ | Trackback | Comments(2)
さよなら・・・ふぃ~ちゃ~ほぉん♪
スマホなんて・・・いらんもん♪
と常々思ってたおとたんでしたが

ガラケーの料金が2800円

三大キャリアのスマホが大体8000円くらい

この5000円の価格差にとてもスマホをっって思わんかったとでしゅ!




んが!







スマホ・・・で・びゅぅぅぅ~~♪




なぜだ!
c0152288_7133917.jpg



c0152288_713513.jpg


いやいや

スマホがガラケーより1200円も安くで持てるってなったら別♪

僕は昔っからソフトバンクで、ここ10年以上変更してないから、2年縛りは存在しない♪

c0152288_7214134.jpg



ただ、スマホ本体を持ってないので、どれにしようか悩んだ挙句、下は9800円~50000円の中で(^^)
3万円をチョイス!

初めてだし、あれがやりづらいとか、ナビが・・・とかの危険性回避の為でしゅ

ただ、カード決済が一括しか対応してないんで、泣く×2の2乗、一括で購入・・・

後は、毎月1600円の支払いで3GB使えて、有料&無料通話ができてしまう♪



僕はほとんど通話しないんで、かけ放題等のオプションは付けてません

通話も30秒10円でドコモ、au,ソフトバンクの半額♪

つっても1分20円、3分で60円ですけろね^^;

今は無料通話アプリが充実してて、固定電話にも無料でかけられる時代!
格安スマホ最高♪


家ではPCのWifiで通信料もかからんし、ガラケーに今まで2800円も出してたのが馬鹿らしい!!


ソフトバンクに解約に行ったら、手続きの日から解約になるから日割りはありません!!って事なので、ナンバー移行すると、即解約に、月締めまでまだ日にちがあるのに
ガラケーが使えないのはもったいない!!(スマホから格安もいっしょ)

僕はナンバーの引継ぎに3000円取られるのが馬鹿らしかったんで新しい電話番号に♪

結果、こうする事で、2台持ちの期間ができて、番号かわったよ~とかの手続きが余裕♪
しかも、月締めまで2台持ち♪

あ、メールアドレスはGmailを登録して、メインアドレスにしておけば、もうどこのキャリアに移ろうがメールアドレス変更にうんざりせずにいい♪

注意点は、メール着信時に名前が表示されず、(電話帳にあっても)メールアドレス表示なので慣れが必要!

「アムロ・レイ」とは出ず「watasihadaare@honyara,ne,jp]みたいに表示されます

詳しくはここ↓

Gmailの受信トレイで表示される相手アドレスを差出人の名前に変更する方法


実際使ってみんとわからんけど、僕は許容でちましゅ


あ、
通話着信は普通に名前出ますよ♪


以上、携帯を安くしたい方は格安スマホ!てこってしゅ♪

これで僕の場合は年間15000円ほど浮きましゅ^^

おそらく月8000円ほど払ってる方なら~月に6400円浮いて
年間75000円浮きますね!!

僕ならカメラやらレンズが買えちゃう~~~ん♪
[PR]
by maomaomyu-tan | 2016-08-10 07:55 | ひとりごと~ | Trackback | Comments(2)
そろそろスマホ♪
あ、ポケモンGOをする為ではござりましぇん!

現在mガラケーで2800円ほど払ってるから格安スマホに移行しようかと・・・

候補は楽天モバイル♪
コミコミプランL

これで、道に迷っても調べられるし、5分以内ならかけ放題!

8月にでも乗り換え予定でございます♪

メルアド変わるし、ナンバーも変えちゃうか?^^;
[PR]
by maomaomyu-tan | 2016-07-27 21:53 | ひとりごと~ | Trackback | Comments(0)
お父さん 後編♪
戦後生まれのお父さんは、いろんな遊びを知っていたのれす♪

なんでも、おもちゃの銀鉄砲に火薬をいれて、釘を玉の代わりに撃っていたらしい^^;
「どすっ」って刺さる威力だったそうなwww

自身の足ににも遊びで墨入れしてたので、銭湯や人の多い海水浴には行った事がなかった
当時はなんでかな?って思ってたけど、なるほど、普通の人は墨なんか入れてないですからね

父は
中学卒業と同時に
就職列車に乗り込み川崎へ~

左官の仕事につき~ヤンチャしていたそうです

職場の(ハッピ)を羽織って歩けば、そのはっぴを見ただけで、チンピラは避けて歩いていたと父は言っていました

父は「喧嘩するときは相手を殺す気でやれ!そういう気持ちがないなら喧嘩はすんな!」と僕に言っていました


つまり、やるなら徹底して打ちのめさないと、寝首かかれるって事です、後は、気迫で負けるな!って事でしょう
いつも歩く時は背中に鉄パイプを挿して歩いていたらしい^^;


父はその気性から堅気でない人の友が増え、心配したばあちゃんや兄弟が
「ハハキトクスグカエレ」と電報を打って騙して帰郷させた

その後、なんかしら仕事をせろ!と言われ

嫌々調理の仕事に♪

しかし、やりはじめたら一生懸命やったらしく
年上の先輩にガンガン聞いて憶えて(当時は教えてなんてくれない時代、父は威勢がよかったので)、勉強もして

3年で親方に!

20歳の頃には親方になり、自分よりも年上をアゴで使ってたおとうさん。

ホテル時代は生意気なウエイトレスに包丁持って追いかけて、女が「殺される~」って逃げてたらしい(笑)


その後ウエイトレスの母と知り合い
当時母には彼氏がいたらしいが、父に惹かれたのか駆け落ち結婚

父は空手、柔道、ボクシングの経験者でした


若かりし頃
そんな父に母は向かっていって、足払いで倒されたらしい

父は「母さんは根性あっとぞ!おとうさんに勝てるて思って向かってきたけんな」

母は「私より背の小さいけん勝てると思った」・・・と ^^;

母「私は足が速かったけど、お父さんも速かったとよ!下駄はいて走って速かったけんね ^^ 」


チャンポン屋をやって、大当たり!
家くらいすぐに建つ!と思ってた矢先に土砂崩れで店は流れww

戦後の時代、今みたいに土地の所有権がしっかりしてなかったらしく、ちゃんぽん屋も
父が一人で組み上げた店だったので、土砂崩れの後、ここは所有権は申請してないから~って理由で立ち退きに~

下宿屋を展開~
景気はよかった

喫茶店もしたらしい~


すべてうまくいくんだが、母は当時を振り返りこう言った

「お父さんは商売人には向いてない
心がやさしいけん、出前を届けるのが遅れたら、お金はいらんって言って帰ってきよったし、
皿うどんも大皿にどーんって作って普通の値段で売りよったけん、繁盛しても損する事もあった」と

怒れば烈火のごとき男だが、心根はやさしい、長所を短所が上回る父

その後観光センターの調理長に

いろんな動物も飼った
兄が生まれた頃はワニを飼ってたらしく
出かけてたら暑かったのか水槽から出て死んだらしい

僕が低学年の時、インコ、亀、ウサギを飼うも、インコは次々に死亡
ウサギは小屋を食い破り脱走、亀はしばらく生きました

近くに畑がたくさんあって、すずめがいっぱい居たので

レンガ4個を使って罠をしかけ、おもしろいよーにスズメを捕まえた事もあります



そんな父を
僕は「お父さんみたいなコックになりたい」と保育園時代からすでに思っていた

今と違って昔は右から左に仕事先があったので、オーナーと喧嘩して、その日に弟子を引き連れて次の職場へ~って事を繰り返していた父

僕の記憶では引越しは2回、しかし、僕の兄は生まれて13回したらしい!!

弟子のシツケには厳しかったらしく
「足の先から頭のてっぺんまでビシッってさせてた」と言っていた


しかし、弟子達は一人前になり独立~
父は一箇所に留まる事なく転々と~

時代も進み、次第に歳と経歴を理由に採用されなくなり

元々人に使われるのが嫌いなタイプだったので、40代で独立、弁当屋を起業!


時代の先を読むのがうまい父だったが、まだ時代のほうが父についてきていなかった!
非常に惜しまれる事であったがその後閉店し~

転職するも、長年やってきた職種と違うのは長続きせず~(探偵、シロアリ)

父曰く「お父さんはほとんどの仕事は経験したぞっ!」と言ってました

その後、60代付近で刑務所の食堂に勤務するも、時間が短いのと、糖尿になったため退職

僕は孫を2人みせるも、結果寄り付く事ができずに、孫守りはさせてやれんかた

亡くなる直前に、僕には言いたい事はいっぱいあったが、お父さんは言わんかったとぞ!と言っていた
察しはつく、僕は結婚してから、いや、する前から両親には親不孝だった

自身の実家へ年に2回しか行かなかった

行きたくはあったが、僕が行きにくかった

時間をかければ、いつでも行けるよーになっていい関係になると思ってたが、結局そんなに父に時間はなかった

父曰く「死ぬのは全然怖いとは思わない、セキが30分~1時間止まらず、呼吸もままならず
これで死ぬのか~って死にそうになっても、市ねずに、苦しみながら死ねないのが恐ろしい」と言っていた

肺がんは癌の中でもきついらしい、呼吸が難しくなるからだ

しかし、癌が発覚し、余命4ヶ月を言い渡された父!
母の「一日でも長く生きてほしい!」に答え抗がん剤治療し、2年生きました

亡くなる1週間前まで自分で車を運転し、ギリギリまで家で過ごした。

「自分のやりたいように生きれ」
「最高の人生だった」
「お父さんは僕の兄の根性を尊敬してる」
「母さんを頼んだ」

が遺言だった

最後まで周りを笑わせながら、眠りにつきました(痛みを感じないように眠る薬使用)

僕は仕事では偉大な父を超える事はできない!

ただ、父と同じように家族を愛し、守っていこうと思います



ここに書いた父じゃほんの一部分であります

先に紹介した、「とんび」や「親子ゲーム」も良い物語でありますが、
父のゲキドウの人生には到底及びそうにありません

父の昔話を聞く人は口々に、小説にすれば!と言います

僕もそう思い、憶えてるのを記しておこうと思ったのれす、まだまだあるけれど・・・


とりあえず
おしゅまい♪
[PR]
by maomaomyu-tan | 2016-07-09 10:14 | ひとりごと~ | Trackback | Comments(2)
お父さん♪
えっと、去年に父が亡くなって、僕なりの父を記しておこうと思いました。

そうですね~~

僕が覚えてる一番古い記憶のお父さんは

まず
「じゃりっじゃりっ♪」という玉砂利の上を歩く音

僕の目に映るのは
「グレーのスラックスに革靴」

おそらく僕が3~4才くらいの時だろう

僕も真似して玉砂利の上を歩くけど、お父さんのように「じゃりっじゃりっ」って音がでない

そんな僕は「早くお父さんみたいな音が出せるようになりたい」と思ってた


次に古い記憶では

転げる僕と兄!

何をしでかしたかは覚えていないけど、お父さんに怒られて転げ回ったのれしゅ


子供の頃、僕のお父さんは怒るとものすごく怖かった!

いや、普通に高校卒業するくらいまでは怖かった^^;


職人気質で、筋の通らない事を許さない父

保育園の運動会でかけっこで1番になったら、前から欲しがってたF1カーのおもちゃを買ってくれると約束し
いざ本番になると、余裕で1番になれそうだったけど

なぜか1番で走り抜けるのが恥ずかしくなり、わざとチカラを抜いて2番に

でもお父さんは「頑張ったけんかってやる」と買ってくれたのれしゅ♪
この時、ちゃんと走ればよかったな~って罪悪感


お父さんはHondaのCD50に乗って仕事に行っていた

スーパーカブとは違い、カッコイイバイクって感じなのは幼い僕にもわかった

c0152288_2215261.jpg


後ろの荷台には小ぶりの鉄製のBOXを積んであり
二人乗りする時は後ろではなく、前に乗ってました

なので、直線道路ではお父さんの代わりにハンドルを握って走った事も^^
もちろん当時は子供用のヘルメットなど持たなかったから「ノーヘル」

ある朝、「いってらっしゃ~~い」といつものようにお父さんを見送ってたら
手を振りながら走るお父さん


んが~~~

パタン♪とコケタ


後に、肩が痛むとは僕が小さい頃にバイクで手を振ってこけたとが原因ばい~~とよく言ってました


ちゅぢゅく♪
[PR]
by maomaomyu-tan | 2016-06-28 22:32 | ひとりごと~ | Trackback | Comments(2)
すべての父親に捧げる♪
またまたドラマネタでしゅ

以前も紹介しましたが、見てないお父さんは是非!



とんび

c0152288_22484744.jpg

両親のいない中で育ったトラック運転手の市川安男・通称ヤス(内野聖陽)は、口よりも先にすぐに手が出る、絵に描いたような“バカ”な男。さらに、ものすごく親バカでもあるヤスは、妻・美佐子(常盤貴子)、息子・アキラ(佐藤健)と共に幸せな家庭を築いたが、不慮の事故で妻を失う。悲しみに暮れながらも、周囲の助けで懸命に、不器用ながらも真っ直ぐにアキラを育てていく。物語は東京の出版社に就職したアキラの回想から始まり、現在と過去が重なりながら、親子の絆を描く。




1話
「昭和を生きた家族の愛と命の感動物語~どうしようもない男がどうしようもなく妻と息子を愛した30年間…全ての父親に捧ぐ」




2話
 「最愛の決断」





3話
「父と子の反抗期」




4話
「本当のお母さん」



5話
 「さらば愛しき人」



6話
「父と息子の最期」



7話
「父と子の巣立ち」




8話
「父と息子の遺言状」




9話
「突然の終わり…」



最終話
「終幕~父が息子へ…30年の愛と命の物語が起こす奇跡の贈り物」



おとたんはこのドラマで涙腺崩壊www

毎話、涙が出ました!
[PR]
by maomaomyu-tan | 2016-06-23 22:51 | ひとりごと~ | Trackback | Comments(0)
古き良きドラマ♪
職場で世間話してたときに、昔みたドラマの話題に~

なんだったかな~


すっごいイイドラマだったのは憶えてるんだけろwww



昨日、ユーチューブを徘徊♪





見つけた♪





「親子ゲーム」



親してる、そんなあなたにお勧めします!
c0152288_8253280.jpg

全話見れないのが残念!


元暴走族の青年、保(たもつ)とその恋人の加代(かよ)の営む東京・下町のラーメン屋に、ある日父親と麻理男(マリオ)が店を訪れた。父親はタバコを買いに行くと言い出だし行ったきり戻らず、マリオは店から逃げようとするが捕まり、早川巡査に補導された。そして、早川巡査が暫くの間だけという事でこのラーメン屋に置いてもらえないかと保と加代に頼むが、2人は冗談じゃないと断ろうとする。しかし、保と加代は暴走族時代の事で早川巡査に弱みを握られており、結局は麻理男を引き取ることになった。

ところが、マリオ少年は、人間不信で人見知りが激しく、ほとんど言葉を発さない上にすぐに大暴れする対人恐怖症を抱えている少年であった。3人で暮らし、ラーメン屋の出前を頼んだりしているうちに保も加代もマリオと打ち解けていくが、このマリオを巡って様々な騒動が巻き起こる…。





題1話
「スーパーマリオになりたい」



題2話「笑え!マリオ・怒れ!マリオ」




題3話「最終話「さよならマリオ」


志穂美悦子が美人だったなww♪

「親子ジグザグ」は動画がなかった(TT)
[PR]
by maomaomyu-tan | 2016-06-23 07:55 | ひとりごと~ | Trackback | Comments(0)